住宅ローン 借り換え(karikae)

住宅ローンの借り換えは、人それぞれです。 借り入れ残り期間、ローン残高、金利など様々あります。  なかなかマニュアルどおりに行かないことが多いですがここで借り換えに役立つサイトをご紹介します。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変動金利 → 変動金利に借り換えについて

スポンサードリンク

 変動金利 → 変動金利に借り換えについて

 この借り換えについては、まず金利差について考えることです。

住宅ローンを借り換えるわけですが、

借り換えた金利体系(金利変動のルール)が以前と同じであれば、

端的に言えば金利差が借り換えのメリット

と言えます。

 近年の住宅ローンは、全期間優遇の住宅ローンがありますので、

以前の一定期間のみ優遇(例えば、当初5年間のみ優遇)

の住宅ローンであれば、今回新たに全期間優遇の住宅ローンに

借り換えることで、金利差のメリットを受けることが

出来るかもしれません。
 
 注意すべき点は、借り換え時に手数料・保証料・登記費用等が

必要になりますので、金利差のメリットよりも、

これらの費用でかえって高くなるようであれば、

借り換えをする意味がありません。

 借り換えのメリットは、おおむね1%程度の金利差があると

より効果があります。

スポンサーサイト

変動金利 → 固定金利に借り換えについて

スポンサードリンク

変動金利から→固定金利に借り換え

 現在は変動金利の住宅ローン

将来金利が上昇すると考えて、

長期固定金利に借り換える人も

増えているようです。

 借り替えた当初は、長期の固定金利のため、

メリットが少ないかも知れません。しかし

 ①将来の金利上昇リスクを回避できる

 ②支払いが固定金利なので将来の計画が立てやすい

などのメリットがあります。

 新規で住宅ローンを組む人は、

長期固定金利住宅ローン

組む傾向が増えてきているので、

住宅ローンの金利が上昇すると

考えている人が多いということになります。

固定金利 → 変動金利に借り換えについて

スポンサードリンク

 固定金利 → 変動金利に借り換えについて

 住宅金融公庫などの固定金利で組んだ人が、一般の金融機関へ借り換える場合などが多いです。

 注意する点は、景気回復による、金利上昇です。
現在は、景気回復傾向で住宅ローン金利も上昇傾向にあります。

 一時的には、変動金利に借り換えることによって、金利は安くなるかもしれませんが、将来の金利上昇のリスクがありますので、将来、固定金利時の金利を上回れば、借り換えの意味がありません。


将来の金利動向をどう考えるかによって、借り換えをするのかしないのか意見が分かれてきそうです。
 金利選びは慎重に・・・!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。